あすなろケータリングセンター

当施設の特徴
知的障害者福祉法に基づく授産施設として、18歳以上の知的障害者を通所させ、利用者の社会的・経済的自立を目標に「人間らしい生活と労働を保証する」という考えから、利用者中心の生活・作業指導の処遇プログラムを作成・実践し。利用者の社会参加を促進することを基本理念に指導・処遇することを目的としています。
施設名 あすなろケータリングセンター 保有設備 厨房設備、真空凍結乾燥器

施設所属法人 社会福祉法人 江差福祉会
施設長 加藤 修
施設形態 多機能(B型・生活介護)
担当者 加藤 修
住所 檜山郡江差町豊川町187-16 利用者数 40名(定員)
電話番号 0139-54-3777 利用時間 8:00~16:00
FAX番号 0139-52-6111 事業報告書  
ホームページ http://www2.ocn.ne.jp/~asu.inst  決算報告書  

販売商品

日本初、加熱式フリーズドライご飯だから出来たてのおいしさ。いつでも、どこでも簡単に温められる。3年の長期保存が可能。

価格帯(税込)
1セット900円(缶のみ500円)
送料についてはご相談下さい

外注委託業務

平成16年4月よりアクティビティセンターで行っていた檜山振興局レストランの営業を、平成16年7月、開設と同時にケータリングセンターで後を引き継ぎました。職員さんにご好評、ご利用いただいております。

参考工賃
ご相談下さい