滝川新生園

当施設の特徴
 滝川名物の「あいがも」の生産は昭和54年に個人の方が始め、その後振興公社が事業を引き継ぎました。
 63年に滝川新生園が開設され、アニマルセラピー効果を期待して肥育の一部を訓練作業として担当していましたが、平成13年に振興公社があいがも事業から撤退したため地域の要望もあり、この事業を引き継ぎました。一部の肥育だけから、ヒナを購入し商品販売までの一貫生産体制に移り、市内の料理店で市民や観光客に喜ばれているほか、道内・道外のお客様からもご愛顧頂いております。
 園は思いやり、協調性を重視して利用者に接しており、仲間意識が育つことが作業にも反映されると考えています。
施設名 滝川新生園 保有設備

施設所属法人 社会福祉法人 滝川市社会福祉事業団
施設長 井川 健一
施設形態 就労継続支援B型
担当者 田湯 大晃
住所 滝川市江部乙町725番地1 利用者数 16人
電話番号 0125-75-6363 利用時間 9~16時
FAX番号 0125-75-6364 事業報告書  
ホームページ http://www.hokkaido-hukushi.jp/  決算報告書  

販売商品

商品のご注文は【注文する(仮)】ボタンをクリックしてください。
※当ページからはご購入の決済はできません。注文フォームにて必要事項をご入力いただいた後、折り返し施設からご注文内容の確認をさせていただきます。その際、各施設により「受注形態」が異なりますので、詳細条件をご確認の上、正式なご注文をご検討願います。

薬品無使用の飼料を与え、飼育から解体・加工までを一貫して行っているので
安心して召し上がっていただけます。
ロース、モモ、ロール巻きの3種類があり、スライスし180グラムの真空袋詰めにしました。

価格帯(税込)
1袋792円
お客様負担

合鴨のロースを燻製にしました。
お酒のおつまみに大人気です、ぜひお試しください。

価格帯(税込)
1袋500円
お客様負担