エンパワメントステーション かむかむ

当施設の特徴
私たちは、生きる場である地域において障がいをもっていたり、生きづらさを感じている人びと(以下「当事者」という。)が「できる/できない」という垣根を越えて自分らしく生きることができるように、一人一人のエンパワメントに寄与することを設立の趣旨とします。
 もとよりエンパワメントは「できる/できない」という二分法に基礎づけられた力の意味ではなく、人と人の関係のありかた、出会いの持ち方(共に生きること)の事だと私たちは考えます。
 私たちはその関係性の中で、物理的・肉体的・心理的なあらゆる抑圧からくる生きづらさの中で生きる当事者に寄り添い、当事者の「〇〇したい」という主張を尊重し、その主張が最大化するために権利擁護という手段も含め、指標としてあくまでも当事者が自分自身の問題を変革していく主体であるという認識に立って共に歩いていきたいと思っています。
 私たちはこのような共生原理に彩られた地域を創造するとともに、一人一人の当事者が多様性を認め合い、自己実現をめざし社会とつながっていける真のインクルーシブを目指していきたいと思っています。
施設名 エンパワメントステーション かむかむ 保有設備 ミシン2台
利用者さん用パソコン2台
施設所属法人 特定非営利活動法人 エンパワメントステーション かむかむ
施設長 岡田吉史
施設形態 就労継続支援B型事業所
担当者 岡田吉史
住所 小樽市蘭島1丁目21番15号 利用者数 20
電話番号 0134-61-6144 利用時間 9時30分~15期30分
FAX番号 0134-61-7503 事業報告書  
ホームページ http://www.camcamstation.jp  決算報告書